東アジアと日本

b0377944_10372964.jpg


現在、北朝鮮とアメリカの間で和平が結ばれそうだ。この動きに関連して北朝鮮に接近する周辺国が出てきている。ロシア、中国、韓国、などは接近の度合いは日本などよりもすごい。韓国ではこのままだと米軍は全部撤退する。日本はどうかだ。日本も米軍は撤退の方向性に行くだろう。

そうであってほしい。そうすることにより米国から離れていけば日本は閉塞感からも解放されるだろう。そうした場合、政界は流動化するのは間違えない。


今まで米国に依存していたために権力を維持したり均等を保っていて勢力のバランスが完全に崩れる。もしかしたら衆議院選挙はかなりの数で繰り返され自民党、公明党でも過半数を維持できなくなるだろう。自公政権は官僚やアメリカにやさしい政治をしてきたが今後はそれに代わる勢力が出て日本も大幅に変わるだろう。楽しみである。















[PR]
by japan2017mjp | 2018-07-04 00:27 | 日本の政治 | Comments(0)

右傾化する日本

b0377944_01214850.jpg
このテーマではブログをたくさん書きたかった。なぜかというと日本の傾向性は民族や国家に熱狂数若者が非常に多いことだ。安倍総理が中国敵視的なことをしたりまた中国との仲を悪くするために靖国神社参拝などすると若い人たちを中心にして拍手喝采になる。その他の経済政策では新自由主義などの経済政策を取り入れて貧富の格差を誘発することを繰り返しておりそのつけが低学歴低スキルの大半の若者に直撃を受け生活困難になる。そうなると中国が悪い北朝鮮が悪いから若者や低所得者の生活が苦しくなるとなり安倍総理が支持される構造である。これはおかしくありませんか。



日本を強くしたいと安倍総理が望むなら一部の金持ちを作り大半が貧乏になるような政策で日本は弱体化するだけだ。それに中間層(年収500万円前後)を造れば国の経済はよくなっていく。また資源のない日本は人的資源の有効活用をしなければならないだろうから教育や就業の機会を増やすための政策も十分必要だ。また人口問題も深刻化するだろうからそうした問題、医療費がかからないようにすること社会保障の充実なども必要だろう。今あげたことを切り捨てているのが安倍政権で自民党公明党の連合だろう。安倍政権は国民の生活を苦しめていることは確かだ。右翼的なことを言うことだけに目を向けて本質を抑えない今の日本国民は目を覚ますべきだろう。特に若者たちに言える。


中国人には日本政府は優遇しているところも有るがこれも問題としていかなければならないが別の機会で話したい。











[PR]
by japan2017mjp | 2018-06-21 12:55 | 日本の政治 | Comments(0)

b0377944_01542691.jpg



創価学会のみなさん、公明党の政策はおかしくありませんか。消費税増税、戦争法案、などなどあげればきりがありません。

日本はどこに向かうのでしょうか?アメリカのために代理戦争でも中国とするのですか。増税してアメリカに貢ぐんですか?それともなければ皆さんが貧乏になるためにおかしな経済政策をするのですか。考えてくださいね。




[PR]
by japan2017mjp | 2018-04-28 01:30 | 公明党 | Comments(0)

衆議院選挙があるのか?

いろいろな情報を集めた結果、今年中に衆議院選挙があるらしい。選挙、選挙と創価学会員も大変であることはわかっているしこき使われてかわいそうだ。



自民党がめざしているのは何か?安倍総理がめざしているのは戦前への回帰の可能性もある。自民党自体はいろいろな考えがあるので一枚岩ではない。戦前への回帰は大日本帝国の復活だろうがそれと並行して経済のシステムはアメリカやイギリスの弱肉強食の資本主義的に改造されている。


こうしたことはおかしくないだろうか?また戦前回帰が創価学会が阻止したいことであったのに今は協力しているようにも思える。創価学会員はよく考えるべきだろうね


[PR]
by japan2017mjp | 2018-04-06 10:29 | 日本の政治 | Comments(0)

創価学会でお金を使うかであるが基本的には移動は地域単位なので交通費は普段の活動ではあまりかからない。(首都圏では)それ以外は聖教新聞を1ヵ月一部、第白蓮華を合わせれば2000円ぐらいだろう。財務があるので一年最低でも1万はかかる。

未活動や活動ができない人で最低限では3万4千円ぐらいである。

これは最低限かかる費用で活動家になると話は全然違くなる。



婦人部のバリバリの活動家であれば聖教新聞の多部数購読10部ぐらい取れば1ヵ月2万円、財務も年に一度であるが10万円ぐらいはするだろう。書籍などを買わされたりするので2万円ぐらいかかるだろう。(池田大作のくだらない本)それ以外にも民主音楽協会(池田大作が設立させた財団)で行われるコンサートなどのチケットなどを買えば5万円(10回ぐらいのコンサートで)ぐらいかかるとみていい。


合計すると37万円ぐらい一年でかかる計算だ。これはかなりの出費になるだろう。平均として統計を出したわけではないので分からないが大体のところこのような感じだ。




[PR]
by japan2017mjp | 2017-11-18 20:10 | 創価学会 | Comments(0)

今回は経済的な問題についてお伝えします。いま日本の経済はかなり悪い状況にある。税金は上がる。保険料の支払いは上がる。給料は下がる。年金は下がる・・・・これってかなりひどくないでしょうかね??


公明党は庶民の党とか平和の党とか言ってますがそれは全くのウソです。それならば消費税を上げたのか。それを進めたのは山口代表ではありませんか。消費税とは物やサービスが売られるときに値段の8%を税金として取られます。これはある意味、消費が落ちる可能性があり経済の悪化を招くのです。極端なことを言えば一億円の取引があればその8%ですからかなりの800万円も税金がかかるのです。このつけは消費者が持つようになり物価高につながり消費が抑えられるようになりますね。



公明党が庶民の党とか言うならこれはおかしくありませんかね?この消費税だけならまだしも正規労働者になれない人は年々増えています。正規雇用でなければ収入は安定しないのではありませんか?そうなれば中長期的な人生の計画が立てにくいです。そうなれば結婚等できない男女も増えますしまた非正規の親のもとで育つ子供たちの将来が経済的な理由のため制限されることもありますね。公明党は派遣労働法のようなものが成立するのを賛成してますよね。これは庶民の政党でしょうか。あまりにもひどいです。創価学会が正しい宗教というなら公明党が国民のためになる政策をしたらいいのではないでしょうか。



それができないのは権力を握り創価学会の池田大作を守るための私党になっていますし、政権政党であれば利権にありつけるうまみもあるのでしょうね。そのために皆さんは無駄な時間を費やしお金を使い選挙活動をするのですか。馬鹿げてますよ。







■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






[PR]
by japan2017mjp | 2017-11-17 20:42 | 公明党 | Comments(0)

創価学会は利益共同体

創価学会については株式会社になっていると。利益共同体です。政治力を行使して会員たちに餌を巻きほとんどの会員たちをこきつかい政治権力と財力を維持するとのことです。


宗教としてではなく利益共同体として残るみたいです。公明党も利害関係のない議員も少ないと思います。

こんな宗教は脱会するべきでしょうね。



[PR]
by japan2017mjp | 2017-11-03 15:12 | 創価学会 | Comments(0)

選挙が終わった。自民党と公明党で3分の2をとれたので憲法改正などができる体制にもなった。おそらく少しずつ憲法を何回かに分けて変えていき最終的には大日本帝国憲法と変わらないような新憲法が日本に新たな規範になる可能性もあるだろう。

おそらく安倍政権は戦争をできる体制を作り出し徴兵制度のようなものを作り米国が戦争をしている地域に自衛隊も派兵することになる。日本の若者はアメリカのために血を流すことになるかもしれない。


平和の党だとか言っているが公明党も賛成するだろう。創価学会員はもしそうなれば怒るべきだろう。また気が付くべきだ。

すでに理想などなく権力や金を得て信濃町の創価学会本部は私腹を肥やしているのだ。利用される前に創価学会員は脱会して日蓮正宗に戻るべきです。















[PR]
by japan2017mjp | 2017-10-26 03:29 | 日本の政治 | Comments(0)

急遽、衆議院選挙があるらしい。私はあまり興味はないというかだれがなってもアメリカに無制限に貢日本の政治があり増税や社会保障の大幅な削減による国民への負担などをどの政党が行うかの争いだと思うのでばかばかしいことと思っている。

緑の狸、ならぬ小池氏は何をしたいのかがよく見えないと私は思えてならない。


国会は事実上、官僚の追認機関でどこが政権を取っても大差がない。この部分を変えないと日本はよくならないが小池氏はどう考えるのか?もし国会が官僚の追認機関として存続してもかまわないと小池氏が思うならおそらく政界の覇権ららそいでしかなく国民の生活には何らよくするところはない。しかしこれを変えて独自の政策を打ち出すなら話は違うだろう。

緑の狸は何を考えてるのかを見ていきたい。またの続きはまたあとで書く。




[PR]
by japan2017mjp | 2017-10-06 13:38 | 日本の政治 | Comments(0)