人気ブログランキング |

憲法改正について①

b0377944_03103633.jpg
この課題も書きたかった。宗教との関連はないように思えるが戦前回帰になればそうも言えないかもしれない。憲法改正はどのような影響を個人の人生に及ぼすのか次の機会に詳しく書きたい。






by japan2017mjp | 2018-11-20 03:31 | 日本の政治 | Comments(0)

四箇の格言

b0377944_23543888.jpg
日蓮正宗のあるお寺のホームページを見て驚いた。四箇の格言について創価学会の見解である。四箇の格言ついては日蓮大聖人様が日本の当時流行であった宗派で代表的なもので浄土宗、真言宗、禅宗、律宗などを信じていたらどのような危険なことになるかをわかりやすく説明されたことだ。その中で特に当時、浄土宗の危険性を説いた。念仏無間地獄である。これは浄土宗の教義は念仏を唱えれば死んでから極楽浄土に行けるとのことだ。しかし浄土宗の信者は死んだ時に苦しい相で死んでいる。日蓮大聖人様は念仏を信じたら地獄に行く(無間地獄)言われているのだ。


中国の念仏僧でも自殺をしようとした僧がいて未遂で終わりその後、苦しみ悶えて死んだそうだ。これで分かるように間違えた宗派を信じたら恐ろしいことになるため日蓮大聖人様はおそ恐ろしさをきちんと伝えている。現在の創価学会はそうした日蓮大聖人様の考えに反することを言っている。他宗教に対して批判とうはしないらしい。


おそらくこれは選挙対策で考えたことなのだろう。日蓮大聖人様の言われたことなど平気で変えてしまうおそろしさはすでに邪教と化したとしかおもえない。平成3年からもうすでに27年近くたつがこれほど変わるとは驚きである。




スポンサーサイト


















by japan2017mjp | 2018-10-27 01:44 | 創価学会 | Comments(0)

b0377944_12101126.jpg
このブログですが今後、何を書いていくか考えてみました。


宗教全般のことも書き対のですが膨大な量の書き込みになるのである程度限定しないといけません。それ以外にも宗教に隣接する政治の問題とかを書きたいです。創価学会でどんなことをしてどうなったかも書きたいとも思っています。


①創価学会時代の体験談などを今後書く(害毒について)


②政治のこと宗教と密接に関連すること(日本会議と公明党、イスラム教について)


③日蓮正宗の教義についても書いていきたいです。


④最近、起きた事や、読んだ本などのことです。



⑤上にあげたこと以外で宗教となるべく関連性があること。
















by japan2017mjp | 2018-09-14 23:39 | ブログの企画 | Comments(0)

訪問折伏をしました。


b0377944_23544718.jpg
訪問折伏をして思ったのは公明党のポスターが少なくなったことだ。創
価学会員が減っているからかもしれません。とにかくすっきりしました。





















■■■■■■■■■■




by japan2017mjp | 2018-09-10 03:25 | 創価学会 | Comments(0)

閉塞感



現在、日本では閉塞感を感じます。すべての原因は宗教にあるのです。それを話したかったのですが、今回は世間的な考えで話します。




就職氷河期は大学生や若い方にとっては今後の将来に直撃してくることです。中高年のリストラや非正規の方なども同じですね。また大量の会社が倒産してますね。こんなんでは生きていく気力も失せますね。自民党と公明党に政策をよく考えて選挙の投票をしてください。政権与党は負の実績がありますが支持しますか?





by japan2017mjp | 2018-07-26 02:19 | 人生 | Comments(0)

日本会議と創価学会

b0377944_22092565.jpg


日本会議と創価学会についてだ、日本会議とは簡単に話せば右翼の連合体で支持している団体はほぼ宗教団体である。温度差はあるにせよ目的は「大日本帝国の復活」である。創価学会の目的は戦後間もないときは国立戒壇などということも言っていた。日蓮正宗の大御本尊様を安置する場所を国家が建設することをめざし日蓮正宗の国教化を目指していた。しかし67世の御法主上人様がこれは便宜的に明治以降用いたものとして否定した。創価学会もこれを認めたのである。


日蓮正宗の教義には謗法厳戒というものがあり他宗教は一切認めないというところも有り創価学会が平成三年以降日蓮正宗から破門後もまだ大御本尊様を認めていた。池田大作の指導などでも否定したものは厳密に言わなければないと言えるだろう。そのため日本会議が創価学会を警戒していたのは当然である。

平成27年に創価学会会長の原田稔が信仰の対象から大御本尊を外した。これは根本的教義を変えたことになると言わざるえない。また日蓮正宗との完全なる決別をしたことになる。おそらくこうしたことを行った背景には創価学会も将来的には日本会議に参加する可能性も将来はあると思っていいだろう。教義の大幅な変更に対してだが創価大学の宮田幸一が、本来の日蓮正宗の教義の根本的なことを変えることを動画で言っている。それは創価大学でのレセプションで原田会長と谷川副会長の前で宮田幸一が述べているということはほぼ間違えなく教義変更が大幅備行われる可能性があるということだ。創価学会の教義変更は日蓮大聖人を末法の御本仏としたのをやめて釈迦本仏論にする予定のようです。










by japan2017mjp | 2018-07-18 22:19 | 創価学会 | Comments(0)

東アジアと日本

b0377944_10372964.jpg


現在、北朝鮮とアメリカの間で和平が結ばれそうだ。この動きに関連して北朝鮮に接近する周辺国が出てきている。ロシア、中国、韓国、などは接近の度合いは日本などよりもすごい。韓国ではこのままだと米軍は全部撤退する。日本はどうかだ。日本も米軍は撤退の方向性に行くだろう。

そうであってほしい。そうすることにより米国から離れていけば日本は閉塞感からも解放されるだろう。そうした場合、政界は流動化するのは間違えない。


今まで米国に依存していたために権力を維持したり均等を保っていて勢力のバランスが完全に崩れる。もしかしたら衆議院選挙はかなりの数で繰り返され自民党、公明党でも過半数を維持できなくなるだろう。自公政権は官僚やアメリカにやさしい政治をしてきたが今後はそれに代わる勢力が出て日本も大幅に変わるだろう。楽しみである。















by japan2017mjp | 2018-07-04 00:27 | 日本の政治 | Comments(0)

右傾化する日本

b0377944_01214850.jpg
このテーマではブログをたくさん書きたかった。なぜかというと日本の傾向性は民族や国家に熱狂数若者が非常に多いことだ。安倍総理が中国敵視的なことをしたりまた中国との仲を悪くするために靖国神社参拝などすると若い人たちを中心にして拍手喝采になる。その他の経済政策では新自由主義などの経済政策を取り入れて貧富の格差を誘発することを繰り返しておりそのつけが低学歴低スキルの大半の若者に直撃を受け生活困難になる。そうなると中国が悪い北朝鮮が悪いから若者や低所得者の生活が苦しくなるとなり安倍総理が支持される構造である。これはおかしくありませんか。



日本を強くしたいと安倍総理が望むなら一部の金持ちを作り大半が貧乏になるような政策で日本は弱体化するだけだ。それに中間層(年収500万円前後)を造れば国の経済はよくなっていく。また資源のない日本は人的資源の有効活用をしなければならないだろうから教育や就業の機会を増やすための政策も十分必要だ。また人口問題も深刻化するだろうからそうした問題、医療費がかからないようにすること社会保障の充実なども必要だろう。今あげたことを切り捨てているのが安倍政権で自民党公明党の連合だろう。安倍政権は国民の生活を苦しめていることは確かだ。右翼的なことを言うことだけに目を向けて本質を抑えない今の日本国民は目を覚ますべきだろう。特に若者たちに言える。


中国人には日本政府は優遇しているところも有るがこれも問題としていかなければならないが別の機会で話したい。











by japan2017mjp | 2018-06-21 12:55 | 日本の政治 | Comments(0)

b0377944_23453901.jpg
ジョージアガイドストーンにつて話すと宗教や人生から離れてしまうかと思ったがこれは説明しないといけないことだ。これは人口削減をたからかうたった記念碑である。世界の言語、宗教、民族など多いためにそれらを減らす計画だ。中国語、英語、ロシア語、フランス語、ヘブライ語などの一定の言語は残し人口も5億人以下にする計画である。


この計画の趣旨は資源を浪費しない。また人類存続のために人口を減らし効率的に長期的に人類を存続でき宗教や言語など複雑化したものを単純化するものらしい。資本主義の考えとは対立する考えだろう。考えてみたら恐ろしいことだ。

日本語は消滅してもいいという風になっているため我々の生きる余地はないだろう。

またこの続きは書きたいものだ。



クレカ1枚で気軽にカーライフ!最短90日で乗り換えられる♪




by japan2017mjp | 2018-05-07 02:44 | 陰謀 | Comments(0)