人気ブログランキング |

b0377944_03530594.jpg
最近、創価学会の凶宣部だがなんだか知らないがあって話をしたが頭破七分でした。大御本尊様を否定して『本門の本尊は宇宙に蔓延する南無妙法蓮華経だ』と言い放った。この意見には驚きだ。このようなことは御書にもないし相伝にもない。何の根拠もない。創価学会の勝手な屁理屈である。もし宇宙にそんなものがあるなら日蓮大聖人様も言っているだろうがその文証もない。


そんなんだったらなんで偽本尊に拝むんだ!宇宙に向かって題目を唱えればいいではないか?




by japan2017mjp | 2018-12-09 02:37 | 創価学会 | Comments(0)

偽本尊について

b0377944_03120770.jpg


創価学会と顕正会の本尊は偽本尊である。このことについて詳しく述べていきたい。このことに関してはかなり重要なことです。創価学会の場合は本尊をコピーして変造して会員に販売している。顕正会もどこの本尊かは知らないが勝手に作りコーピーしている。


こうしたことは創価学会員や顕正会員は知らないので今後詳しく調べて投稿するつもりだ。





by japan2017mjp | 2018-12-03 02:35 | ブログの企画 | Comments(0)

b0377944_21392442.jpg
言うまでもありませんが創価学会を脱会してよかったです。


私がいたのは去年の2月まででした。その中で青年部の数が激減してることと新聞の勧誘のノルマがきつくなってきたことなどありますね。青年部は御書を読まないし教義のことも知らない人も多くなってきてますね。


幹部に関してはえばっているのも多いし「池田先生」と言う人が増えてます。末期症状でした。後役職を得たいとする人が多かったのにも驚きです。法華講にそうしたものを持ち込まないように元創価学会員は気を付けたほうがいいですね。私も気を付けます。

by japan2017mjp | 2018-10-14 02:44 | 創価学会 | Comments(0)

b0377944_20143045.jpg
不幸になっているのに信心で乗り越えたという創価学会員に続きです。最近の傾向だと不幸の現象でもそれでも不幸でも屁理屈を言う創価学会員が多い。ある大きな創価学会の会合で両眼摘出体験談があったらしいがこれは罰の現象ではないのか?


論理的に考えてなぜ創価学会に不幸な現象があるのかは『偽本尊』の影響を受けていることは言うまでもないのだ。御書にもそのことは裏付けがある。『開眼供養せざれば家に主なきに盗人が入り、人の死するに其(そ)の身に鬼神入るが如し』『木絵二像開眼の事』



開眼供養がない本尊に祈ればどうなるかは御書に書いてあるのだこれは恐ろしいことだ。姿かたちは日蓮正宗の御本尊に似ているが開眼供養されてない物は魔の住みかになっているお札である。そんなものを拝めば不幸になるのは目に見えているだろう。そこのところを気が付いてほしい。






by japan2017mjp | 2018-05-20 20:30 | 創価学会 | Comments(0)

b0377944_23322818.jpg
偶然、創価学会員にあった。驚いた。不幸になっても「乗り越えたのだからこの信心はすごい。」等と言っていた。これを聞いて私は驚いた。その方は教宣部もやっておられたみたいで現在は壮年部で創価長をしてるそうだ。

その方の詳しい内容は話せないが、最近の創価学会員は子供が死んだり家族がなくなったり倒産、リストラ、破産、病気などが頻繁に減少として出てくるのに、乗り越えたとか、この信心をしてるからこの程度で済んだとか、


他人のことならたまたまそうなったなどと平気で言うのだ。おそらくそれは不幸のオンパレードでもそれでも不幸ではないというのは洗脳されているからだろう。おかしいところはそれだけではない組織内での会員同士また幹部の人と平会員の関係もかなりおかしなものに変化してきている。すべておかしな現象は偽本尊から出てきていると考えていいだろう。


この続きはまた書く。こちらの動画を見てください。偽本尊の恐ろしさがわかります。


自己弁護しても嘘は嘘!偽本尊は恐ろしい。


















スポンサーサイト


オリジナル動画を作るなら【YouTuberセット】



























by japan2017mjp | 2018-05-18 23:57 | 創価学会 | Comments(0)

b0377944_22093273.jpg


創価学会の偽本尊のことは顕正会はあまり言わないことはなぜかを考えてみたい。いうまでもなく創価学会の本尊は偽物である。簡単に話せば平成三年に破門されたのちに平成五年に独自で本尊を制作して会員に販売した。その時には日顕上人様の本尊と交換して本物の本尊を燃やして処分した。これも恐しいことである。かつて二代会長の戸田先生もご本尊は作ってはならないと戒めている。


「ただ、大御本尊だけは、われわれは作るわけにはゆかない。日蓮大聖人様のお悟り、唯授一人、代々の法主猊下以外にはどうしようもない。だから、佛立宗や身延のヤツラが書いた本尊なんていうものはね、ぜんぜん力がない。ニセですから。力がぜんぜんない。むしろ、魔性が入っている。魔性の力が入っている」【昭和34年7月号9頁】


御書にも偽本尊を拝むのは危険であることは述べられている。

「開眼供養せざれば家に主なきに盗人が入り、人の死するに其(そ)の身に鬼神入るが如し」『木絵二像開眼の事』


開眼供養できる方は御法主上人様のみである。これを創価学会は勝手に日蓮正宗の本尊をまねて作ったのは魔の本尊、魔の札でしかないことはお分かりだと思う。これは他の日蓮宗系列にも言えることだ。顕正会は創価学会の弱点をつけるのにつかないのは顕正会自体も偽本尊を販売してるからだ。


もともと会長の浅井家は印刷屋であったからそうした偽本尊などを作るのは簡単にできる。彼らの主張は松本日仁師から御本尊様をいただいたとのことを言っているが最初にいただいたと言っているのは5体だとか言っていたが今現在、顕正会の会館にある本尊の数は五体ではない。本尊をもらっている人たちの数もかなりいるだろう。





そう考えるとどこから本尊が出てきたのかだ?また会館に安置した本尊はすべてきれいなものだ。日付上人からいただいた御形木ご本尊があるというがそうしたものは存在しない。本尊がたくさんあること、本尊がきれいなことを考えれば偽本尊なのではないかと推測できる。顕正会が作っていると考え造っていると考えられる。偽本尊を作っているため創価学会の偽本尊を批判できないのだろう。

___________________________________

創価学会や顕正会を信仰するのは時間の無駄。資格でも取りましょう。







「知識や時間がない」方でも短期間で社労士に合格できる今話題の勉強法とは?



















by japan2017mjp | 2018-04-18 22:13 | 顕正会 | Comments(0)

なぜ宗教団体が新聞の勧誘を行うのか①のつづきです。





こちらを見て見てください。新聞の勧誘ができないから老人を犠牲にする。これは正しいですか?創価学会員は考えてください。

新聞啓蒙(勧誘)など功徳もないし時間とお金の浪費でしかない。よく考えてください。



●●●●●●●●●●●●●●●●



スポンサーサイト

出会いのサポート!【フィオーレパーティー】









●●●●●●●●











by japan2017mjp | 2018-04-09 00:20 | 創価学会 | Comments(0)

b0377944_23554187.jpg


なぜ宗教団体が新聞の勧誘を行うのかを深く考えてみたい。そのためこのことはシリーズとして書きます。148.png


創価学会では新聞啓蒙という言葉をいって信者たちに新聞の勧誘を強要している。これはいったい何なのかだ?普通で考えても宗教のことを書いた機関紙などは信者しか見ないのが普通だ。他人に勧めても見ないで捨てるのは決まっている。それでも勧める。あるいは友人のためにお金を払い友人はしぶしぶ新聞をとる。このようなことが頻繁に行われている。


その目的であるが組織側は「池田先生の思想やすばらしさを世に広げるため」???この考えは思考が硬直化したとしか思えない。池田大作氏の著作ははほとんど代筆である。(人間革命が有名)それに脱会者を自殺に追い込めなどというような男がどこが素晴らしいのかと思う。勲章などはすべてかねで買っているのだ。そう考えると何も素晴らしいことなどない。組織側は新聞の部数が伸びれば売り上げや利益が上がるからである。


それ以外のことは考えてはいないのだ。稼げないこの時代に創価学会員はご苦労なことをしている。池田大作や執行部のために時間と金を浪費して彼らをもうけさせているのがわからないとはかわいそうだ。まるで奴隷のようだ。

この続きに関してはまた書きたい。









by japan2017mjp | 2018-04-09 00:00 | 創価学会 | Comments(0)

創価学会が新しいご本尊を製作するのではといううわさが流れている。どんなものかは不明であるが??動画を見てもらいたい。恐ろしいね!



by japan2017mjp | 2018-03-02 02:23 | 創価学会 | Comments(0)

創価学会員はよく彼ら自身、仏だとかいっているが、それはありえないことだ。

総本山第六五世・日淳上人猊下は仏は日蓮大聖人おひとりと言われている。

もし自らが仏ならば創価学会員偽本尊を拝む必要はない。また創価学会にいる必要もない。仏ならばもはや何もしなくてもいいということになる。それなのに創価学会の原田会長の指示など従う必要もないのではないか?黒川さんの動画を参考にしてもらいたい。












by japan2017mjp | 2017-12-17 11:07 | 創価学会 | Comments(0)