人気ブログランキング |

日本会議という組織がある。神道系、新興宗教、右翼組織が作り出した組織である。この組織の目的は「戦前への回帰」が目的である。


彼らは自民党と公明党が連立政権なので憲法改正ができないと思っている。戦前への回帰の障害こそ公明党と創価学会だと思っているらしい。また創価学会は日蓮正宗の傘下の組織だったため他の宗教を邪宗教として攻撃してきた歴史的経緯がある。また戒壇の大ご本尊様をご安置する場所、国立戒壇を作り日蓮正宗を国教にしようとした時期もあった。(日蓮正宗も創価学会も国立戒壇は現在は言っていないし間違いであることを認めている。顕正会という組織がまだ掲げているが)


創価学会への恐怖やまた連立の一角を占める公明党のせいで日本会議は憲法改正ができないと思いかなりのストレスを感じているだろう。右翼の創価学会攻撃としてあちらこちらで見られている。


創価学会側はどうなのか?しもの会員は戦争反対、憲法改正も反対である。他宗教との合同で何かを行うことも抵抗があるだろう。しかし創価学会首脳部に関してはしもの会員とは逆の考えを持っている。結論から言えば創価学会首脳部は権力を維持したいがために自民党と協力して憲法改正も戦争も大賛成である。そのため他宗教と合同するために教義まで変えようとしている。


今の段階ではいきなり変えると脱会者が出るので徐々に変えていくつもりだ。姑息なやり方だ!


この続きはまたあとで書く。



by japan2017mjp | 2017-11-30 02:50 | 日本の政治 | Comments(0)

顕正会を撲滅せよ

顕正会のことであるがもう少し情報が入れば記事を書こうと思う。ひどい宗教であることは言うまでもない。創価学会のような偽本尊もあり信じれば確実に不幸になる宗教だ。





by japan2017mjp | 2017-11-30 02:23 | 顕正会 | Comments(0)

最近、創価学会にいたころのことを思い出すとやたらと日蓮正宗を攻撃するようなことを同時中継で流したりするし僧侶や当時の御法主上人様をののしり罵声、非難中傷など気が狂った狂人のするようなことをしていた。

本当に恐ろしい組織にいた。ひどい組織だ。創価学会が破門されたのは池田大作が化儀を否定したりご本尊様はすべて同じだとか僧侶や御法主上人様を平成三年の当時非難したからだ。ある意味、学校で先生に怒られた不良少年(池田大作)が逆切れしたようなものだ。

日興遺誡置文にこうした不良信徒をどうするかが書いてある。


『一、衆義たりと雖も、仏法に相違有らば貫首之を摧くべき事。』


当時、日顕上人様が創価学会を破門にしたのは日蓮大聖人様や日興上人様のお考えのとうりのことをしたので創価学会員が逆切れするのは悪いことをした不良少年が逆切れするようなものである。(日顕上人様が正しい決断をしたことは言うまでもない)



スポンサーサイト


時給5000円以上!【体験ガールズバイト】












■■■■■■■■■■■■■■■■■■


















by japan2017mjp | 2017-11-30 02:15 | 創価学会 | Comments(0)

創価学会員はよく言うのは「池田先生は世界で認められている。勲章をもらっているからだ」????果たしてそれが正しいのでしょうか?また創価学会員は日顕上人が池田氏に嫉妬しているなどとうそを言っている。



勲章の件に関しては池田氏がどうしてもらえたのかを考えるべきだ。オバマ大統領は勲章のさらに上のノーベル平和賞をいただいている。これは指導者が核兵器がない世界を目指すことを目標としたため現実不可能でもその業績に報いた部分はあると思えるのだ。それ以外の方でも科学的な発見や発明、医学の分野での業績などもある方に大学が勲章を与えたり博士号を与えたりするのは当然のことだろう。業績があれば勲章、博士号、ノーベル賞がもらえることは当然である。



しかし池田氏には何か業績があるのですか?これは全くない。すべてかねなどで買ったものだ。アメリカはビジネスのデパート、総合商社と言っていい。金さえ出せば何の業績や経歴がない人でも大学で講演したり勲章をもら得たりすることができるようにしてくれることを商売にしているコンサルタントもいるだろう。すべてはお金で買ったものなのだ。


創価学会員は日顕上人が池田氏に嫉妬しているなどとうそを言っていることについて出家とは何かをわかっていない。僧侶になるために出家するには俗世の地位や財産を捨てることしなければならない。そう考えるなら他人が何をしようが嫉妬などするわけがない。このようなことは創価学会が流す低俗なデマでしかない。


歴代の御法主上人様は世界の平和や人々の幸福をつねにお祈りされておられる。インチキな池田大作を嫉妬するなどありえない。


池田自身、勲章で身を飾り御法主上人様の地位を超えて日蓮正宗を乗っ取ろうとしたができないために逆恨みしているにすぎないのだ。

邪師たぶらかされて不幸になる前に創価学会員は早く目を覚まして脱会して日蓮正宗に帰って来るべきだろう。









by japan2017mjp | 2017-11-20 00:42 | 創価学会 | Comments(0)

教学も道理もわからない創価学会員の続きです。

これほどまでにも創価学会の婦人部は落ちたのかと思うような者があらわれた。その婦人部は霊能力があるそうだ。幽霊が見えるとか、霊の世界はとかそんなことを言ってくる婦人部だった。「えー、日蓮大聖人の仏法にそんなことあったのか?」そう思いたくもなるような出来事であった。教学もなくなったのか?それともなければ創価学会もオカルト路線に移行しつつあるのか?昔のように、日蓮正宗創価学会の時代とはもはや違うのかと思われる。御書には超能力のようなものは否定している。



唱法華題目抄には「但し法門をもて邪正をたゞすべし。利根(りこん)と通力とにはよるべからず」とあるように超能力などの通力は否定されているのだ。今後はこうしたおかしな創価学会員が増えてくるだろう。偽本尊の影響なのかもしれない。







by japan2017mjp | 2017-11-20 00:04 | 創価学会 | Comments(0)

公明党はだれの味方か?

「公明党はだれの味方か?」これは池田大作の私党であり強力な力のある者の味方である。このことについてですがもっと詳しく書いてみたい。


この続きはまた書く。







by japan2017mjp | 2017-11-19 03:59 | 公明党 | Comments(0)

『創価学会や顕正会などはすぐに脱会せよ』このように言っても当事者たちは従わないまた反発するだろう。


例えば創価学会で活動をするとどれだけ時間がとられるのか?これを考えてみるといい。例えば男子部なら地域の会合で月曜日には地区協議会は大体ある。男子部の集まりも1週間に一度ある。それ以外にも地域の唱題会が週に一度あり月に一度は地区当監があり、座談会があり、同時中継がある。合計すると15日を活動に費やす。

またイレギュラー日曜日などにも会合があればプラスされるだろう。それ以外にも選挙になればその協力体制をするため毎日会合だ。


壮年部もこれとほぼ同じだろう。顕正会は選挙活動はないが毎日活動だと聞く。


邪宗教を頑張り不幸になり金と時間を無駄に浪費する。これこそ愚かな行為ではないか。そんな暇があれば仕事を増やしたり、資格を取るために勉強しろ。

b0377944_13344461.png


■■■■


スポンサーサイト





月間通信制限なし!民泊Wi-Fi【famifi】








by japan2017mjp | 2017-11-19 03:36 | 日本の宗教 | Comments(0)

日本経済は破綻しない。

顕正会の連中は国債が発行されすぎて日本は破綻すると言っている。宗教的なことを混ぜて言うが浅井の言うことを聞かないから日本は経済的にもその他の面でダメになるなどと言ってはいるがそれを裏付ける御書の文証はどこにもない。勝手な我見である。よく浅井が予言をしたが当たったためしもなくそんなことは御書のどこにもない。これもまた我見だ。


では本題に入るが日本経済は政府が大量の国債を発行したから日本が破綻するというロジックは正しいのかどうかが問題だ。これは浅井昭衛だけではなく外資系の息がかかったアナリストも頻繁に繰り返している。日本国債は発行された後、誰が買うか?どこに保有されるかが問題になる。政府が国債を発行した場合それを買うのは国内の金融機関である。その後はどのように保有されるかであるが債券市場には売りに出されないで購入した金融機関が償還の時まで保有することになる。海外の金融機関にはほとんど売られることがないので日本政府が確実に支払期限に国債を買い取る形だ。国債を金融機関に政府が売却した後、金融機関からお金が入るがそのお金は使われることなく国が管理することになる。公共事業等にも使われるが日本の特別財政、税金以外の収入は約200兆円もあり政府が増税などしなくとも返せるようになっている。このことで政府が破綻することはない。



アメリカなどは日本などとは異なりアメリカ国債を米政府が発行したときにはアメリカ国内及び海外にも大量に販売されて売却したときに受けっとお金も使われる。アメリカ産業が金融以外ない状況下でしかも国債を売却したのちに軍事費や債券市場の債券を購入して市場を支えているため償還期間が来た時には米国債を買い取ることができないため破綻するのではないかと言われている。そう考えると日本がいかに安全な経済運営をしているかわかると思う。


浅井昭衛のでたらめな意見をよく考えればおかしいということがわかるだろう。浅井さんもう少し勉強してください。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆









by japan2017mjp | 2017-11-18 20:36 | 日本の経済 | Comments(0)

創価学会でお金を使うかであるが基本的には移動は地域単位なので交通費は普段の活動ではあまりかからない。(首都圏では)それ以外は聖教新聞を1ヵ月一部、第白蓮華を合わせれば2000円ぐらいだろう。財務があるので一年最低でも1万はかかる。

未活動や活動ができない人で最低限では3万4千円ぐらいである。

これは最低限かかる費用で活動家になると話は全然違くなる。



婦人部のバリバリの活動家であれば聖教新聞の多部数購読10部ぐらい取れば1ヵ月2万円、財務も年に一度であるが10万円ぐらいはするだろう。書籍などを買わされたりするので2万円ぐらいかかるだろう。(池田大作のくだらない本)それ以外にも民主音楽協会(池田大作が設立させた財団)で行われるコンサートなどのチケットなどを買えば5万円(10回ぐらいのコンサートで)ぐらいかかるとみていい。


合計すると37万円ぐらい一年でかかる計算だ。これはかなりの出費になるだろう。平均として統計を出したわけではないので分からないが大体のところこのような感じだ。




by japan2017mjp | 2017-11-18 20:10 | 創価学会 | Comments(0)

b0377944_03100375.jpg
最近、顕正会と偶発的に顕正会と会う機会が多い。彼らはよく街頭で新聞を配っている。ビラも見た。内容はすごくお粗末で会長である浅井昭衛の予言等あり到底日蓮大聖人の仏法とも思える内容ではない。また顕正会の新聞には自らを正当化するために御法主上人様が日蓮大聖人の御遺命を守らないから顕正会はそれを許さないようなことを言っているがかなりおかしい。

簡単に説明すると浅井の予言についてはソ連が攻めてくる、中国が攻めてくる、北朝鮮が攻めてくるなどと言っているが当たったためしがない。またこれらの予言が日蓮正宗の教義に違背している。在家の人が出てきて予言をするなどと日蓮大聖人は言ってはいない。(説明するだけでもばかばかしい浅井の妄言である)


御法主上人様が日蓮大聖人の御遺命を守らないから顕正会はそれを許さないようなことを言っているがかなりおかしい。これは何かというと国立戒壇のことだ。創価学会が建立した正本堂を日蓮正宗が御遺命の戒壇などと言っていないのに断定していないのに、言った。断定したなどとの言いがかりだ。「宗門七百年の悲願」等と言ってもいないことを日蓮正宗の公式見解であるようなことを言うのはおかしいだろう。

これも説明すると長くはなるので詳しく知りたい方は日蓮正宗のホームページを確認してください。こちらをクリックすると日蓮正宗のホームページに飛びます。


顕正会のことを説明するのは別の機会にする。



今回は勧誘をどのようにしてるかだ。元顕正会員からの情報と私が偶発的に顕正会にあったときの話ではあるが。最近では社会的弱者をターゲットにしているらしい。病気の方や老人などを標的に勧誘するらしい。そうした方の世話をすることにより勧誘ができるらし。その他では街頭で新聞を配ったりもしている。会社などではいろいろな人と縁を作りそのあと勧誘することを行っている。かなり無理を信者に強いているのも事実だろう。顕正会では教学で折伏などというのはもうありえない状況になっている。この続きはまた情報が入れば書きたい。







______________________________






by japan2017mjp | 2017-11-18 03:09 | 顕正会 | Comments(0)