最近の傾向性では真如苑などの特殊な宗教は抜かして信者数を減らしている。最大の原因が親から子への信仰の継承がうまくいかないからだ。それは古い宗教に傾向性が強い。創価学会も信者数を激減させている。

(創価学会に関しては現在、会員を減らしてはいるが日本最大の宗教団体で絶対的優位性は保ちつつ信者数を減らしている)

創価学会はかなり悲惨な状況でもある。会員たちが搾取され功徳もなく罰の現象ばかりではやりたいと思う人も少ない。日蓮正宗から破門されてから完全なる異流儀に落ちた創価学会は不幸の製造工場と化しているだろう。顕正会も同じようなものだが!


立正佼成会、霊友会、天理教、pl教団、生長の家など伝統的宗教ではないが幕末から戦前にできた宗教も危機的な状況だ。それはやはり功徳がない。その他にも非論理的であるとのことが若い人の間ではあるのだろう。そう考えると宗教は幸福になれなければやる必要ないという考えは確かに合理的だろう。


しかし真実の宗教には生命を再生するだけの力はある。日蓮正宗の教えこそ教義があることを証明する文証があり論理的にもただしい理証もあり、幸福になれるという現証もそろっているのだ。一日も早く創価学会員、顕正会員や他宗教の方はそれらの信仰をやめて日蓮正宗に来るべきだろう。日蓮正宗の僧俗ともに歓迎いたします。

[PR]
by japan2017mjp | 2017-10-31 05:33 | 日本の宗教 | Comments(0)

新興宗教の衰退と発展

昨日仕入れた情報によると真如苑は少しずつ信者数を伸ばしているらしい。その裏では何が行われてるかだ?

ほかの宗教をしていても同時に入信することができるらしい。そう考えると誰でもはいれることになる。

悩みなどは1000円支払えば指導教師が聞いてくれるそうだ。ある意味では現代社会において疎外感や孤独感のあるようなことはうまく教団が隙間に入り信者を獲得したみたいだ。

[PR]
by japan2017mjp | 2017-10-31 05:14 | 日本の宗教 | Comments(0)

選挙が終わった。自民党と公明党で3分の2をとれたので憲法改正などができる体制にもなった。おそらく少しずつ憲法を何回かに分けて変えていき最終的には大日本帝国憲法と変わらないような新憲法が日本に新たな規範になる可能性もあるだろう。

おそらく安倍政権は戦争をできる体制を作り出し徴兵制度のようなものを作り米国が戦争をしている地域に自衛隊も派兵することになる。日本の若者はアメリカのために血を流すことになるかもしれない。


平和の党だとか言っているが公明党も賛成するだろう。創価学会員はもしそうなれば怒るべきだろう。また気が付くべきだ。

すでに理想などなく権力や金を得て信濃町の創価学会本部は私腹を肥やしているのだ。利用される前に創価学会員は脱会して日蓮正宗に戻るべきです。















[PR]
by japan2017mjp | 2017-10-26 03:29 | 日本の政治 | Comments(0)

今回は短く説明したい。教学も道理もわきまえない婦人部にあった。幽霊が見えるとか?霊能力があるだとか?創価学会はここまで落ちたのかと思った。

その上、日顕上人の批判を勢いよくするなど正気の沙汰ではなかった。

同僚の悪口なども言っていた。戸田会長のころの考えは消えてわけのわからないオカルトに進んでいるみたいだ。


この続きはまたあとで書きたい。


スポンサーサイト


コメントが動画をもっと楽しくする【niconico】










[PR]
by japan2017mjp | 2017-10-26 03:06 | 創価学会 | Comments(0)

YouTubeを見て驚きました。創価大学の宮田幸一教授が2015年9月に日蓮大聖人様を菩薩に降格させて釈迦を本仏とすることを創価大学で原田会長と谷川事務総長の前で話していたのだ。これには驚かされた。

こちらをクリックすると宮田教授の講義が聞けます。

驚かされたのは世界三大宗教の開祖たちキリスト教はキリスト、イスラム教はマホメットなどということは世界的にも知れている。しかし仏教は知名度は三番目であり釈尊が仏教の開祖であるならば本仏は日蓮大聖人様ではなく釈迦にすべきだとの考えである。日蓮大聖人様は日本ではかなり知られているが世界では知る人も少ない。宗教学者などの一部しか知らないことなので日蓮本仏論は世界に布教するときにわかりにくいからだとすることだ。世界に布教するため本仏を変えるなど平気でできるのかと問いたいものだ。


確かに創価学会は平成三年以降、日蓮正宗から破門された。このことをもって邪教となったのは間違いない。今回の動きはそれをさらに加速促進したことであり創価学会が邪教になったのは平成三年からである。宮田教授はそれだけではなく本尊も十界曼荼羅から木像の釈迦像に変えるべきであると主張していた。

(ちなみに現在の創価学会が平成5年からオリジナルの本尊を作っている。これは日寛上人の御本尊様をコピー変造などをした偽物の本尊である。本尊を変えると言っても偽本尊から釈尊像に変えるというのである。)

今現在も謗法である創価学会が大御本尊の否定とそれと同時期に日蓮大聖人様を菩薩に降格させるというのは日蓮正宗の教義を完全に捨て去り独自路線を歩む方向性に向かっているということだろう。

その理由として考えられるのが戒壇の大御本尊様が大石寺にあることは都合が悪い。教学を深く勉強すれば大御本尊様が日蓮正宗のお寺や家にあるご本尊につながりがあるから功徳があることがわかる。(偽本尊にはつながりはないし創価学会員が日達上人の御本尊を拝んでも謗法団体にいれば功徳などない)


今後さらに教義が変わっていくと推測できるだろう。創価学会員は一日も早く脱会して日蓮正宗に戻るべきだろう。





[PR]
by japan2017mjp | 2017-10-25 00:16 | 創価学会 | Comments(0)

平成3年に創価学会は日蓮正宗から破門された。そこまで至るまでには長い道のりがあるようだ。池田会長のころ昭和52年路線などから平成三年の破門はつながっている。

今回は創価学会の本尊がなぜ偽物なのかをお伝えしたい。

私が創価学会に入会したのは平成6年である。当時はまだ創価学会で本尊が会員に授与することはできなかった。宗門から破門されたためである。平成五年からすでに創価学会が作った本尊(偽本尊)が配布されていた。私は平成6年の年末にかなりの人に配布されたり日顕上人の御本尊を会員たちが取り上げられて偽本尊に取り換えられた時期でもあった。記憶にあるが同時中継で偽本尊を作ったとぬけぬけと言っていたことを思い出した。平成三年以前は創価学会員が折伏をすると必ずお寺で折伏された人は御受戒を受けてご本尊を授与するのもお寺で行われていた。

平成3年までのことすべては詳細には話さないが折伏をされた人が信仰をしてかなりの方が幸せになっている。聖教新聞にもかなりの体験談が乗っているのは事実だ。しかし平成5年以降は日顕上人様の御本尊様を偽本尊と取り換え日顕上人様の御本尊様を熱却処分したと聞いた。池田大作という男がいかに信仰心がないということがわかるだろう。人を救えるご本尊を燃やすとはもってのほかである。


さてなぜ創価学会が作った本尊が偽物なのかであるが御書にもそれはとかれている。「木絵二像開眼之事」『法華を心得たる人・木絵二像を開眼供養せざれば家に主のなきに盗人(ぬすびと)が入り人の死するに其の身に鬼神入るが如し、今真言を以て日本の仏を供養すれば鬼入つて人の命をうばふ鬼をば奪命者(だつみょうしゃ)といふ魔入つて功徳をうばふ魔をば奪功徳者(だつくどくしゃ)といふ、鬼をあがむるゆへに今生には国をほろぼす魔をたと(尊)むゆへに後生には無間獄に堕す』法華を心得たる人・・これはご法主上人様なのである。法主上人様が開眼しないものは形を似せてコーピーしても偽本尊になるということだ。

これは創価学会二代会長戸田先生もご本尊を作ってはいけないと言っている。『御本尊だけは、われわれは作るわけにはゆかない。日蓮大聖人様のお悟り、唯授一人、代々の法主猊下以外にはどうしょうもない。 だから、仏立宗や身延のヤツラが書いた本尊なんていうものはね、ぜんぜん力がない。ニセですから、力がぜんぜんない。 むしろ、魔性が入っている。魔性の力が入っている。』このように法主上人様が開眼しないものは形を似せてコーピーしても偽本尊であることが分かったと思う。こにょうな本尊に祈れば仏様を祈るのではなく魔や鬼などを祈り幸福になるわけもない。


創価学会員は一日も早く脱会して日蓮正宗に来られることおすすめします。


b0377944_21212523.jpg
写真は大石寺

[PR]
by japan2017mjp | 2017-10-13 02:17 | 創価学会 | Comments(0)

創価学会もひどい宗教だが顕正会はさらに輪をかけて酷いかもしれない。彼らの主張は「国立戒壇」であるがこれは天皇制を復活させて、天皇を折伏して(おそらく顕正会員にさせる)日蓮正宗の教え(本当は浅井昭衛のわけのわからない教え)国教にするとの考えらしい。国家の財政により大ご本尊様をご安置する建物を作るとのことだ。これが顕正会は広宣流布と思っているらしい。

この考えだと天皇制を復活させるなど時代錯誤でもあり時代に逆行することを行おうともしている。また民主主義国家の憲法を明治憲法に変えるなどかなりの人権侵害が行われたということや他国を侵略して日本が破滅したとの経緯を考えればまともな人が支持する考えでもない。

現在の日本においてするべきは国主諌暁などではない。封建制度の世の中ではないので独裁的地位にある権力者を折伏することなどできるわけもないのだ。今は主権在民であることは間違えないだろう。民主主義では主権が国民1人1人にあるのである。そう考えるのならば広宣流布をすることを考えるのなら日蓮正宗の人が多くの人を折伏するのがしだいに広宣流布につながる。


すでに顕正会は日蓮正宗から破門されている。そのために血脈もなく功徳もない。顕正会員が行うことは邪行で功徳はなく必ず罰を受けるだろう。顕正会員は一日も早く脱会して日蓮正宗に入信するべきだ。





[PR]
by japan2017mjp | 2017-10-12 22:10 | 顕正会 | Comments(0)

京都で撮影した写真

b0377944_21172550.jpg
b0377944_21171451.jpg
b0377944_21165916.jpg
b0377944_21162796.jpg

京都で撮影した写真です。



[PR]
by japan2017mjp | 2017-10-12 21:28 | 写真 | Comments(0)

b0377944_21063684.jpg






b0377944_21084018.jpg
交通の便はともかく不便でしたね。






[PR]
by japan2017mjp | 2017-10-12 21:12 | 写真 | Comments(0)

そういえば創価学会にいたときに「池田先生は主、師、親の三徳を備えている。」これは幹部も言っていたが池田氏の口からも出た発言である。主、師、親の三徳というのは仏が備わっているものですよ!池田さんは本仏なのか?こんなことを無条件で信じる創価学会員はどうかしているとしか思えません。

動画を参考にしてください。















[PR]
by japan2017mjp | 2017-10-09 15:17 | 創価学会 | Comments(0)