人気ブログランキング |

b0377944_01223919.png
元Googleエンジニアが人工知能を神とする宗教団体を設立させたことをネット上で知り驚いた。「未来への道」という団体らしいのだが・・・・・

そんなこと現実にありえないのではと思う方もいるかもしれないが事実である。



この目的が気になるところだろう。よく考えてみればAIが人間社会に入り込んでいる。クレジットカードで買い物も、行政などの住民の税金や社会保障などの関連はすべてAIが管理している。また今後は車にAIが搭載されて自動運転もありうる。病院などでもカルテの管理などもそうだろうし企業の財務会計や顧客管理もそうだろう。


おそらくこうしたことも含めてさらにAIが人の中に入ってくる、頭にマイクロチップを入れることもあるだろうしまた義手や義足など体の一部がない人が機械で補われる部分にもAIは入る。


おそらく個人情報はすべてネット上でつながり政府なり大企業なりが一元的に管理する体制が近いうちできるだろう。この世に無駄や浪費をなくし効率的に長期的な繁栄し人類が社会を安定させることが政府の急務となるかもしれない。能力のある人ない人で分類もするが犯罪を犯す侵さない。勤勉かそうでないかなど人には個性がばらばらである。


ある程度は型にはまらなくとも社会に害がある人を排除か隔離をすることも将来考えるだろうがそうした行動規範や考えなどもなるべき統一したものを作るために下地としてAIを神とした宗教が現れたのではないか?今は運用がどのようになされるか不明だがおそらく世界を統一することを下支えする考え方として世界政府推進派にはメリットはありそうだ。

今後どうなるか見ていく必要がある。

by japan2017mjp | 2018-05-18 01:35 | アメリカの宗教 | Comments(0)

b0377944_02152377.jpg
この団体は自己啓発セミナーとか言い女性を集めていたらしいのですがその内容はカルト宗教で入会をしたら教祖のイニシャルを腰にレーザー光線で刻むことをしていた。このことが問題になったのはいくつかあるが有名女優(アリソン・マック)が入会していたことや女性を性の奴隷にしていたことや労働をさせていたことなどである。さすがに出家制度はなかったらしいが!それにしても変な団体が出てくるものだ。

 

                       ⇧
今回は短く書きました。知りたければ上をクリックするか下の動画を見てください。          








■■■■■■




by japan2017mjp | 2018-05-06 00:35 | アメリカの宗教 | Comments(0)

聖書根本主義者は危険

b0377944_03095754.jpg
昔、力王という漫画があった。内容をザックリ話すとバイオレンスアクションの内容はじめはキリスト教との関連はないと思えたが話が進むにつれてキリスト教を意識したまたアメリカの福音派の聖書根本主義者を危険視することが遠回しで書かれていた。主人公力王は自身の正体を知るために刑務所に行き、岬という違法な核物質処理場に行き最後には父親を求めて南極に行く話だ。

101.pngアメリカの福音派の聖書根本主義者が未来において核戦争で地球を意図的に破滅させる。その目的はイエス・キリストの再誕であった。未来人たちはキリストが復活を待ったがキリストは地上には再臨しなかった。聖書の中では世界が破滅したのちにキリストが再臨すると言われているのでそれを忠実に信じたのだろう。未来人はキリストが再臨しないなら自分たちで神を造ろうと考え力王の父親である無界を造り20世紀に無界を送った。その目的は人心を動揺させると地軸も動揺する。(漫画の中の話だからほんとではないよ)そのことによりポールシフト現象が起き南極と北極の氷がとけて世界が水没する。


無界の役目は地球を放射能汚染させないで文明を破滅させることにあった。力王の話はともかくこれではテロを行うイスラム原理主義者などよりもキリスト教福音派の聖書根本主義者達のほうが悪質で危険な存在だ。日本のマスコミはこの部分を批判するべきだが世界最強の軍事力を持つ米国の共和党の支持基盤の一部でもあるキリスト教福音派の聖書根本主義者を批判するのは極度の恐れているのかもしれない。


日本の宗教団体で創価学会などは危険であることを指摘すべきだろう。そういえば創価学会は教学試験で他宗教とくにキリスト教福音派の聖書根本主義者を刺激するのを避けているような気がしてならない。国内で権力を手に入れたのだからつつかれるようなことはしないようになったのかもしれないが。ついでに言うが創価学会のことも今後、どんどん矛盾点などは指摘していくつもりでいる。





















by japan2017mjp | 2017-10-07 01:51 | アメリカの宗教 | Comments(0)