政治と宗教

b0377944_01585284.jpg
このテーマも書きたかったことだ。政治と宗教についてだ。ヨーロッパでは中世の時に宗教の権威は強かった。カトリックの力が浸透して人々を苦しめる結果になったと思われる。最終的には政治的な権力を握り腐敗していく。その中で新たな派閥(プロテスタント)ができてカトリックの力は衰退していく歴史的背景はあると思う。教会が力を持てば宗教の力がましその宗教の都合で政治が動かされれば迷惑するのは民衆だ。そうした中から政教分離の思想が生まれたと思われる。宗教と政治を分けるのは当然である。少なくとも政教分離はおこなわなければならないがそのルールとして2点重要な点だろう。



①国家権力を背景に布教活動をしない

②公金(税金)を教団の運営に使わない。


これらは最低限のルールだ。



宗教団体が他の団体に対して政治力を行使して圧迫、干渉などをした場合も政教一致になるだろう。これは例えばある宗派が僧侶を他国に派遣するためにビザ申請をしたときに某団体が邪魔をしたとなれば某団体が政治力を使って行った行為なら十分、政教一致になるだけのことはしたことになる。

それだけではなく選挙などで信者を動員することが政教一致かについてはそれだけではならないというのが憲法解釈だろう。そのため一部の学者はその部分を法律で禁止して宗教団体が政治的関与するのを禁止する法案を主張している人もいる。

創価学会と戦うのであれば宗教間の争いであれば教義論争で十分である。法律を作って弾圧するとの考えはいきすぎではないか。宗教とは信者がいなければ消滅するのである。


スポンサーサイト

















[PR]
by japan2017mjp | 2018-09-27 02:09 | 公明党 | Comments(0)

b0377944_01542691.jpg



創価学会のみなさん、公明党の政策はおかしくありませんか。消費税増税、戦争法案、などなどあげればきりがありません。

日本はどこに向かうのでしょうか?アメリカのために代理戦争でも中国とするのですか。増税してアメリカに貢ぐんですか?それともなければ皆さんが貧乏になるためにおかしな経済政策をするのですか。考えてくださいね。




[PR]
by japan2017mjp | 2018-04-28 01:30 | 公明党 | Comments(0)

公明党はだれの味方か?

「公明党はだれの味方か?」これは池田大作の私党であり強力な力のある者の味方である。このことについてですがもっと詳しく書いてみたい。


この続きはまた書く。







[PR]
by japan2017mjp | 2017-11-19 03:59 | 公明党 | Comments(0)

今回は経済的な問題についてお伝えします。いま日本の経済はかなり悪い状況にある。税金は上がる。保険料の支払いは上がる。給料は下がる。年金は下がる・・・・これってかなりひどくないでしょうかね??


公明党は庶民の党とか平和の党とか言ってますがそれは全くのウソです。それならば消費税を上げたのか。それを進めたのは山口代表ではありませんか。消費税とは物やサービスが売られるときに値段の8%を税金として取られます。これはある意味、消費が落ちる可能性があり経済の悪化を招くのです。極端なことを言えば一億円の取引があればその8%ですからかなりの800万円も税金がかかるのです。このつけは消費者が持つようになり物価高につながり消費が抑えられるようになりますね。



公明党が庶民の党とか言うならこれはおかしくありませんかね?この消費税だけならまだしも正規労働者になれない人は年々増えています。正規雇用でなければ収入は安定しないのではありませんか?そうなれば中長期的な人生の計画が立てにくいです。そうなれば結婚等できない男女も増えますしまた非正規の親のもとで育つ子供たちの将来が経済的な理由のため制限されることもありますね。公明党は派遣労働法のようなものが成立するのを賛成してますよね。これは庶民の政党でしょうか。あまりにもひどいです。創価学会が正しい宗教というなら公明党が国民のためになる政策をしたらいいのではないでしょうか。



それができないのは権力を握り創価学会の池田大作を守るための私党になっていますし、政権政党であれば利権にありつけるうまみもあるのでしょうね。そのために皆さんは無駄な時間を費やしお金を使い選挙活動をするのですか。馬鹿げてますよ。







■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






[PR]
by japan2017mjp | 2017-11-17 20:42 | 公明党 | Comments(0)