宗教の洗脳について

ツイッターを見ていたら洗脳について書いてあるものが多かった。単純に言えば新興宗教団体は洗脳をして信者からいかに労働力と金品を搾取することを考えている。その例としてはお布施を大量にさせるように信者に仕向けたりすることや労働力をつかわせる。奉仕とかいう形で、これらは基本的に世間で言われている新興宗教団体の洗脳である。この2つ以外にも教団が要求することがあるらしい。お札やグッツや壺などを大量に信者に買わせるものまである。これらは霊感商法として大問題になっている場合がある。壺などであれば原価1万円のものを3000万円で販売したりする場合もある。ある団体は新聞の多部数購読を信者に競わせるがこれも教団がもうかるための洗脳であろう。この続きはまたあとで書く。




[PR]
by japan2017mjp | 2018-10-31 03:56 | 日本の宗教 | Comments(0)