顕正会は創価学会の偽本尊を批判しないのには理由がある。

b0377944_22093273.jpg


創価学会の偽本尊のことは顕正会はあまり言わないことはなぜかを考えてみたい。いうまでもなく創価学会の本尊は偽物である。簡単に話せば平成三年に破門されたのちに平成五年に独自で本尊を制作して会員に販売した。その時には日顕上人様の本尊と交換して本物の本尊を燃やして処分した。これも恐しいことである。かつて二代会長の戸田先生もご本尊は作ってはならないと戒めている。


「ただ、大御本尊だけは、われわれは作るわけにはゆかない。日蓮大聖人様のお悟り、唯授一人、代々の法主猊下以外にはどうしようもない。だから、佛立宗や身延のヤツラが書いた本尊なんていうものはね、ぜんぜん力がない。ニセですから。力がぜんぜんない。むしろ、魔性が入っている。魔性の力が入っている」【昭和34年7月号9頁】


御書にも偽本尊を拝むのは危険であることは述べられている。

「開眼供養せざれば家に主なきに盗人が入り、人の死するに其(そ)の身に鬼神入るが如し」『木絵二像開眼の事』


開眼供養できる方は御法主上人様のみである。これを創価学会は勝手に日蓮正宗の本尊をまねて作ったのは魔の本尊、魔の札でしかないことはお分かりだと思う。これは他の日蓮宗系列にも言えることだ。顕正会は創価学会の弱点をつけるのにつかないのは顕正会自体も偽本尊を販売してるからだ。


もともと会長の浅井家は印刷屋であったからそうした偽本尊などを作るのは簡単にできる。彼らの主張は松本日仁師から御本尊様をいただいたとのことを言っているが最初にいただいたと言っているのは5体だとか言っていたが今現在、顕正会の会館にある本尊の数は五体ではない。本尊をもらっている人たちの数もかなりいるだろう。





そう考えるとどこから本尊が出てきたのかだ?また会館に安置した本尊はすべてきれいなものだ。日付上人からいただいた御形木ご本尊があるというがそうしたものは存在しない。本尊がたくさんあること、本尊がきれいなことを考えれば偽本尊なのではないかと推測できる。顕正会が作っていると考え造っていると考えられる。偽本尊を作っているため創価学会の偽本尊を批判できないのだろう。

___________________________________

創価学会や顕正会を信仰するのは時間の無駄。資格でも取りましょう。







「知識や時間がない」方でも短期間で社労士に合格できる今話題の勉強法とは?



















[PR]
by japan2017mjp | 2018-04-18 22:13 | 顕正会 | Comments(0)