三世の生命

よく言われることですがすべては偶然とか神様が人々の運命を決めるとか世の中にはおかしな話が蔓延してます。なぜ自身の境遇が悪いのか。失敗が多いのか。またはすべてがうまくいかないか。これをすべて説明する宗教や哲学はないでしょう。

(日蓮大聖人様の仏法を除いて)

今、そこに存在する人間がいるのは過去において人として生きてきたからなのであり現在もその生き方により来世が決まるともいわれている。生命には原因結果があり因果の鎖でつながっているのである。そのため過去(過去世)に悪いことをして業を積めば現在はよろしい状況でないことがわかる。こうして業、宿業ともいうがこれが変えられる方法は日蓮正宗の信仰しかないと命で最近分かるようになってきた。


御書に「過去の因を知らんと欲せば、其(そ)の現在の果を見よ。未来の果を知らんと欲せば、其の現在の因を見よ』(開目抄)このようにあります。やはり悪い結果は過去世に悪いことをしたためである。来世は現在の行いで決まるのではないでしょうか?運が悪い。うまくいかないなら日蓮正宗の信仰をしてみてはどうでしょうか。人生は何回もやり直しはできるものです。失敗は恥とせず、失敗を恐れないで生きていけるようになります。


[PR]
by japan2017mjp | 2018-03-27 02:08 | 人生 | Comments(0)