大御本尊様を否定するのは日蓮大聖人様の教えではない。

創価学会や日蓮宗系、または日蓮正宗から派生した宗派などが日蓮正宗、大石寺にある大ご本尊様を否定している。

理由はいろいろある。証拠がない。日蓮大聖人様は一言も大御本尊様のことを言っていないとかである。弘安二年十月十二日の戒壇の大御本尊様の存在は当時隠しておくことが得策であることは言うまでもない。なぜかと言えば日蓮正宗の信仰は大御本尊様なしではありえないからだ。


邪なものが大御本尊様を盗み交換条件として多額な金品を要求したりまたは邪宗日蓮宗などが大御本尊様を奪いとり我々こそ正当な日蓮大聖人様の後継者である。等と言うことを言うかもしれない。そうしたことだけではないがこのようなことをおきると推測できれば隠すのも当然だろう。


また創価学会では2014年11月8日に大ご本尊様を信仰の対象にしないことを宣言した。これは一体どういうことなのか。このことを創価学会員は考えるべきである。弘安二年十月十二日の戒壇の大御本尊様から発生した御本尊でなけれな功徳がないとは教わったのに何にも疑問がないのはおかしい。


平成5年9月7日の幹部会における池田の指導であるが「本門戒壇の板御本尊(中略)ただのモノです」これもおかしくないかと聞きたいところだ。<大ご本尊様は三大秘宝で人法一箇と私は教学試験の時に習ったものである。大聖人様は人本尊で方本尊は大ご本尊様であることは間違いない。たんなる物ではないのだ。創価学会員は昔、習ったことを思い出すべきだ。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■












■■■■■■■■■■■■■■■■■■




[PR]
by japan2017mjp | 2017-12-07 00:32 | 日蓮正宗 | Comments(0)