日本経済は破綻しない。

顕正会の連中は国債が発行されすぎて日本は破綻すると言っている。宗教的なことを混ぜて言うが浅井の言うことを聞かないから日本は経済的にもその他の面でダメになるなどと言ってはいるがそれを裏付ける御書の文証はどこにもない。勝手な我見である。よく浅井が予言をしたが当たったためしもなくそんなことは御書のどこにもない。これもまた我見だ。


では本題に入るが日本経済は政府が大量の国債を発行したから日本が破綻するというロジックは正しいのかどうかが問題だ。これは浅井昭衛だけではなく外資系の息がかかったアナリストも頻繁に繰り返している。日本国債は発行された後、誰が買うか?どこに保有されるかが問題になる。政府が国債を発行した場合それを買うのは国内の金融機関である。その後はどのように保有されるかであるが債券市場には売りに出されないで購入した金融機関が償還の時まで保有することになる。海外の金融機関にはほとんど売られることがないので日本政府が確実に支払期限に国債を買い取る形だ。国債を金融機関に政府が売却した後、金融機関からお金が入るがそのお金は使われることなく国が管理することになる。公共事業等にも使われるが日本の特別財政、税金以外の収入は約200兆円もあり政府が増税などしなくとも返せるようになっている。このことで政府が破綻することはない。



アメリカなどは日本などとは異なりアメリカ国債を米政府が発行したときにはアメリカ国内及び海外にも大量に販売されて売却したときに受けっとお金も使われる。アメリカ産業が金融以外ない状況下でしかも国債を売却したのちに軍事費や債券市場の債券を購入して市場を支えているため償還期間が来た時には米国債を買い取ることができないため破綻するのではないかと言われている。そう考えると日本がいかに安全な経済運営をしているかわかると思う。


浅井昭衛のでたらめな意見をよく考えればおかしいということがわかるだろう。浅井さんもう少し勉強してください。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆









[PR]
by japan2017mjp | 2017-11-18 20:36 | 日本の経済 | Comments(0)