創価学会はお金がかからないというが本当か? 

創価学会でお金を使うかであるが基本的には移動は地域単位なので交通費は普段の活動ではあまりかからない。(首都圏では)それ以外は聖教新聞を1ヵ月一部、第白蓮華を合わせれば2000円ぐらいだろう。財務があるので一年最低でも1万はかかる。

未活動や活動ができない人で最低限では3万4千円ぐらいである。

これは最低限かかる費用で活動家になると話は全然違くなる。



婦人部のバリバリの活動家であれば聖教新聞の多部数購読10部ぐらい取れば1ヵ月2万円、財務も年に一度であるが10万円ぐらいはするだろう。書籍などを買わされたりするので2万円ぐらいかかるだろう。(池田大作のくだらない本)それ以外にも民主音楽協会(池田大作が設立させた財団)で行われるコンサートなどのチケットなどを買えば5万円(10回ぐらいのコンサートで)ぐらいかかるとみていい。


合計すると37万円ぐらい一年でかかる計算だ。これはかなりの出費になるだろう。平均として統計を出したわけではないので分からないが大体のところこのような感じだ。




[PR]
by japan2017mjp | 2017-11-18 20:10 | 創価学会 | Comments(0)