顕正会とはひどい宗教だ。

創価学会もひどい宗教だが顕正会はさらに輪をかけて酷いかもしれない。彼らの主張は「国立戒壇」であるがこれは天皇制を復活させて、天皇を折伏して(おそらく顕正会員にさせる)日蓮正宗の教え(本当は浅井昭衛のわけのわからない教え)国教にするとの考えらしい。国家の財政により大ご本尊様をご安置する建物を作るとのことだ。これが顕正会は広宣流布と思っているらしい。

この考えだと天皇制を復活させるなど時代錯誤でもあり時代に逆行することを行おうともしている。また民主主義国家の憲法を明治憲法に変えるなどかなりの人権侵害が行われたということや他国を侵略して日本が破滅したとの経緯を考えればまともな人が支持する考えでもない。

現在の日本においてするべきは国主諌暁などではない。封建制度の世の中ではないので独裁的地位にある権力者を折伏することなどできるわけもないのだ。今は主権在民であることは間違えないだろう。民主主義では主権が国民1人1人にあるのである。そう考えるのならば広宣流布をすることを考えるのなら日蓮正宗の人が多くの人を折伏するのがしだいに広宣流布につながる。


すでに顕正会は日蓮正宗から破門されている。そのために血脈もなく功徳もない。顕正会員が行うことは邪行で功徳はなく必ず罰を受けるだろう。顕正会員は一日も早く脱会して日蓮正宗に入信するべきだ。





[PR]
by japan2017mjp | 2017-10-12 22:10 | 顕正会 | Comments(0)